作業着をきこなす

学園祭やサークル活動で人気のオリジナル作業着

作業着は、トップスとボトムスの二つで構成されています。


そして、作業着のトップスは「ブルゾン型」と「シャツ型」、作業着のボトムスは「パンツ」と「カーゴパンツ」という種類に分けられます。

まず、トップスについて。

ブルゾン型は、裾や腰の部分をゴムなどで絞ってあり、身頃が膨らんだシルエットになっています。

前がファスナーやボタンになっているので脱いだり着たりする動作がしやすく、通気性も高いですが、激しく動くと背中が見えてしまうこともあります。

シャツ型は、タックインして着るので激しく動いても背中が見えませんが、通気性が低いので蒸れやすいという難点があります。

次に、ボトムスについて。

パンツとカーゴパンツの違いは、大腿部にポケットがあるかどうかです。

ポケットが付いているのが、カーゴパンツです。

大腿部が膨らんで見えるので、ルーズな印象を与えることもありますが、工具などを入れておけるので、多くの物を使う作業の時にはこちらのほうがよいでしょう。

オリジナル作業着を作りましょう

仕事で使う作業着が野暮ったくて不満な方や、いつも使っている作業着を楽しくお洒落にしたいという方など、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
社会人であるからには自宅に居る時間よりも働いてる時間が長く、結果的に作業着に長時間身を包んでいることになるものです。
常に着用することになるからこそ、自分の自作ロゴを入れたり、仲間とともに合言葉を入れたオリジナルの物を作ってみても楽しいのではないでしょうか。
オリジナルのものを作るとは言っても、過酷な現場にも耐える必要のある作業着ですので、プロの業者に任せて作成することをおすすめします。
自分で作ったアイロンプリントのものなどは、洗濯をしたらすぐにプリントが剥げたり、綺麗にプリントができなかったりということもよくあります。
専門の業者に依頼すれば作業の手間もかかりませんし、時間も節約できます。
ご機嫌で楽しく仕事をするためにも、オリジナルの作成を依頼してみましょう。

Valuable information

電子タバコを購入

Last update:2017/7/14

Copyright 2015 男の作業着 All Rights Reserved.